インプラントの手術って何だか怖い

インプラントの手術って何だか怖い

抜けた歯を補い、見た目を美しく取り戻す治療方法のインプラント、埋め込むという形をとります。そのため、よくある歯医者での治療というよりかは、手術という言い方をしています。
そうなってくると痛みが心配になりませんか?痛いのが嫌いという人にとってはかなりネックになってくると思います。

手術時にはしっかりと麻酔をかけて痛くないようにしますから、痛みは心配することはありません。しかし、どんな手術でもそうですが、麻酔がきれた後には痛みを感じる可能性があります。あごの骨の中に埋め込むわけですから、当然ですね。鎮痛剤が処方されますので、痛くても耐えるということは必要ないです。

中には腫れを感じる人もいるのですが、それでも1週間程度で元に戻ります。
手術そのものは入院する必要もなく日帰りで行えますので、時間的な負担もありませんね。長くても2時間から3時間程度で全て終えることができます。

短い時間でそれほど難しく考える必要はありませんが、麻酔をかけて治療をするものではありますので、手術後はあまり体に負担をかけないように過ごすほうがいいと思います。また、飲酒や喫煙に関しては制限がある場合もあります。そのあたりはきちんと守ってくださいね。

    この記事を見た人はこちらも見ています

  • 高い技術力で施術をおこない、リピーターも多い下北沢でマッサージ店を探しているなら、深夜2時まで受付しているので、時間の調整が難しい仕事帰りの人でも余裕を持って通えるのでオススメです。

Copyright(C) 知らなきゃ損するインプラント All Rights Reserved.